人間は関係性の生物、だからストレングスは人のために使おう

Gallup認定ストレングスコーチのmimiです!

こちらの投稿で、うまく行くための行動仮説の立て方として、自分以外の人と関係する方が楽しい資質群、あるいは、一人でやることが楽しい資質群、どちらが自分のトップ10資質に多いでしょうか?と書きました。

ストレングスファインダーを使った、うまくいくための行動仮説

もちろん、自分が楽しめるのは大切なのですが、そもそもとして、人間は関係性の生物。

例え、自分一人で楽しめる人であっても、楽しんで得たものを

「人のために使う」

これが、どの資質にとっても、いーーっちばん栄養になるんです!

自分が楽しんで自然にやってしまうことで、人の役に立つ、感謝される。「ありがとう」と言ってもらえる。

すると、自分の資質を使うのが楽しくなる、幸せを感じる。これは、関係性の生物である人間ならではなんですね。

人の役に立つことで、人間ならではの人との関わり方を、自分をコントロールする行動デザインに入れるのがポイントだなぁと思います。

今日はこの辺で!

あべのハルカス展望台での一枚(^^)

宣伝ですー!
Kindle本を出版しました!