批判的な人への対処法

質問「仕事は熱心だけど病的に人の批判をする同僚がいます。しかも表面上は出さず直接本人にはいいません。物事を見る目がネガティブなだけでまるっきり嘘では無いんですが。背景にはコンプレックスがあるのだと思います。何をしても悪い方に取られそうなので自己開示するのがためらわれます。Mimi さんならどうしますか? 」

こういうケース、難しいですよね。
私の場合は、他のグループのメンバーで似たような人がいます。批判を必ずしも本人にはいわないけれど、本人がいないところで周りのメンバーにその人のことを批判する。この批判や愚痴を、現場で一緒になるうちのメンバーが聞かされて、自己肯定感がさがってきています。

私はすべてのメンバーが自己開示できるように、職場での心理的安全を確保したい。でも、彼女の直接の上司ではないので、直接本人に言うよりも、彼女の上司であるマネージャーに相談して対策を考えました。

私からそのマネージャーへの提案は以下の通り。彼は快く了解してくれ、対応を始めようとしているところです。

●マネージャーから本人への働きかけ

①批判したくなること自体は、何かを改善したい、よくしたい、という思いの表れであり、その視点は組織全体にとって重要だと思っている。だからこそ、よりあなたの意見は有効に活かしたいと思っていることを伝える。

②ただし、せっかくそういういい視点の意見であっても、個人を批判するのは組織全体では以下のような良くない影響がある。周りに個人の批判をいうのではなく、マネージャーに言いに来るように言う。

✴︎個人批判の良くない点
・批判を聞く周り人のモチベーションや自尊心が下がりチームの生産性に悪い影響がある
・個人批判をする自分の言葉を聞いて、あなたはさらに怒りが助長される。その怒りに心を支配され、冷静な判断や改善策を考えられなくなる。
・自分で自分の心を傷つけて、自分のメンタルをすり減らしてしまっているよ。消耗するでしょ?

・もし個人批判を言いたくなったとしても、上記を思い出して、深呼吸してその場をこらえる練習をしてもらう

③批判ではなく、じゃあどうしたらいいんだろうねと言う発想に変えるような会話をする。
・まずは本人の感情面に焦点を当てて聞く。
・自分を主語にしてわたしはこういう感情だと表現してもらう。
・そのうえで、どこまでなら許せるか、批判したくならないのか、の妥協点を聞き出す。
・批判しないですむための改善策を話し合う

●マネージャーから周りの他のメンバーへの働きかけ
−その人が人の批判を言い出したらその場を離れるように徹底してもらう(トイレ、次の会議の準備、忘れ物などといって)

その理由は以下の通り
・批判を聞いてあげる人がいると批判はさらに助長され、さらに言うようになる
・批判は言うほうも、聞く方も実はメンタルが傷つく。一回一回は小さいけど長期的に蓄積すると心のダメージは実は計り知れない。
・聞いてあげるだけで本人の憂さ晴らしになるならいいのでは?と言う意見が出たら、本人は自分の言葉で自分のこころをきずつけてさらにメンタルが不安定になってしまうので、本人のためにも聞かない、言わせない、が一番いい。そして聞くほうの身(メンタル)も守ってほしい
・聞いてくれる人がいないとだんだん言わなくなり、本人のメンタルも安定してくる。

いかがでしたか?チームメンバー全員に力を発揮してもらうには、批判するメンバーを放置してはいけません。批判するメンバーへの根気強い働きかけに加えて、周りのメンバーの働きかけの両方が不可欠です。