ブックレビュー: 世界に通用する子どもの育て方

「世界に通用する子どもの育て方」

この本、子供を持つ人も持たない人も、幸せになりたい全ての人にオススメしたい!!

子育てという題名がついてるけど、「子ども」の文字を「人」に置き換えてもいい!

そう!「人」の育て方、自分の周りの「人」をハッピーに前向きにするような関わり方、具体的な声のかけ方まで、とてもわかりやすく書かれています!


そして、何度も読んで気づいたのは、この「人の育て方」には、「自分自身の育て方」が含まれている!ってこと。

いや、むしろ、この本を読んでいちばんの発見は、自分自身の育て方、自分自身の成長のさせ方がわかるってこと。

大事な人をいたわるように自分をいたわってあげる。自分の心や感情を大事にしてふたをしない。弱みを見せて人に助けを求める。

人は幸せになるために存在する。人が人を幸せにするには、自分を幸せにすることから始まるんです!!

例えば、セルフコンパッションの例。

これは子供の話ではないけど、ダイエット中の女性にドーナツと水をあたえる実験(ウエストがきつくなって罪悪感を感じさせる実験)。

ドーナツを食べてもらった後で、ひとつのグループでは、「ドーナツを食べたから罪悪感を感じる人がいますが、あまり自分に厳しくしないように。誰だって自分を甘やかすこともあるのですから」と慰めの言葉をかける。もう一つには何の言葉もかけない。

そのあと目の前にお菓子を置いたらどれくらい食べるかの測ると、慰められたグループは、なにも声をかけなかったグループにくらべてお菓子を食べる量が1/3だったんです!つまり、厳しく責められるよりも慰められる方が、人は、その後の行動がよくなるのです。

それなのに、人って、いかに人にも自分にも厳しくしないといい行動ができない、成果がでない!って思い込んでいることか!!

そして、子どもにも人に厳しく接することで、強く育てようとする!そもそも願っていることと逆方向の行動をしてるんですよね。

その他の部分も。。。
「子どもとの関わりで大切なのは「共感」です。親も同じ気持ちであるという「同感」とは違い、子供が思っていることをそのまま認めることです。子供が「○○ちゃんが嫌い!」と言ったとき、「そんなこと言うもんじゃない!あの子はいい子よ」というのではなく、
「○○ちゃんのことをよくおもっていないのね、なにかあったの?」と聞く。気持ちを受けれてもらうと、子供は自分でその気持ちを処理して自分で次へ進めるものです。」

これ、全部「子供」を「人」に置き換えると、大人もおんなじなんですよね。
共感してもらうだけで、人は前向きな行動になる!感情を解消して自分の力で前に進めるんです。

自分の2位の共感性、無意識に使ってきましたが、自分にも人にも、いかに役に立ってきたのか、改めて思い知りましたわ!!

子どもを、人を、幸せに育てることって、究極は、自分自身が幸せな自分になるために、自分自身を育てるってこともおんなじなんだわ!

セルフコンパッションやしなやかマインドセットで、人を信じて思いやりのある関わり方をすることが普通。そんな社会になることが、結局、トータルでみんなが活躍できる社会になる。

そう信じて、なりたい自分になるために、幸せに生きる人びとを少しでも増やすために、自分のできることを行動していきたいです。